作業療法士とは?

作業療法士とはOT(Occupational Theraphistの略)と呼ばれ、国家試験により免許を受けており医師の指示のもと、障害のある方に身体運動機能や精神心理機能の改善を目指し作業療法を行います。作業療法士は、日常生活をスムーズに送るための応用的動作のリハビリテーションを行います。

作業療法とは?

作業療法の「作業」とは、食事や入浴のようなセルフケアや家事や仕事、趣味活動のような日常生活に関わる全ての動作を指します。
作業療法の「作業」には、折り紙、編み物、音楽、絵画、書道、トランプ、将棋、散歩、体操、ダンス、料理、掃除など治療対象者によってその作業活動は様々あります。

作業療法士の仕事

病気やけがなどによって日常生活に支障をきたしている人々へ治療をおこない、自立支援や社会復帰の手助けをすることで患者さんの生活を豊かにするサポートをするのが作業療法士の仕事です。
また作業療法士の仕事には身体的なリハビリテーションだけでなく精神的なリハビリテーションも含まれています。不安な気持ちでいる患者さんの心の支えとなり、社会復帰の後押しをします。

理学療法と作業療法の違い

理学療法と作業療法の違いですが、理学療法は運動療法や物理療法などが用いられ、実際の運動の中で、関節の動きや可動域の改善、筋力の回復などの効果を望むものです。 歩行をはじめとするさまざまな動作に不自由が生じている患者さんに対して、歩行訓練などを行なっていきます。
理学療法士が体の大きな動きのリハビリテーションを行うのに対して、作業療法士は手の動作や指の細かい動作などのリハビリテーションを行う場合が多く、また作業療法士ならではの特徴としては精神分野のリハビリテーションを行うという事があります。

理学療法
作業療法
目的
基本動作の回復・維持・悪化防止
応用動作と社会適応のための能力回復
内容
起き上がり、筋力強化、座位保持、車いす移乗、歩行など
食事、料理、遊び、スポーツなどを通して、心と身体の両面から回復をサポート
活動の場
一般病院・総合病院、リハビリテーション病院、老人保健施設、スポーツ関連施設など
一般病院・総合病院、リハビリテーション病院、精神科病院、老人保健施設、障害者福祉施設、児童養護施設など