生活期(維持期)とは、急性期、回復期を経て状態が安定した後、在宅で生活している時期のことを指します。生活期、維持期、慢性期といった呼ばれ方をします。

生活期(維持期)では、それまでのリハビリの成果を維持することが主な目的です。

脳梗塞における回復期のリハビリ

脳梗塞や脳出血など脳卒中の後遺症は、早期のリハビリによって症状を軽くすることができるとされています。リハビリは、「急性期」、「回復期」、「生活期(維持期)」の3つの時期に分けて進めます。

金沢脳梗塞リハビリステーション
  • 急性期:発症から2~4週間を目安に医療機関で行われる
  • 回復期:発症後3~6ヵ月を目安にリハビリ専門の病院などで行われる
  • 生活期(維持期):回復期以降、自宅やリハビリ施設にて行われる

生活期(維持期)のリハビリは、回復期以降、機能低下の防止や体力維持を目的として、自宅やリハビリ施設にて行われます。一度回復した機能も再度低下してしまう恐れがあるため、退院後もリハビリを続けることは大切です。

生活期では、回復期リハビリの継続や、ストレッチ、生活改善などを行います。自宅でリハビリする場合、自宅の段差をなくしたり手すりを用意するなど生活環境を整えておくことで、転倒を予防することができます。