自費リハビリとは

自費リハビリとは、医療保険や介護保険を使わずに自費で行うリハビリのことです。 

保険を使わない分、費用がかかってしまうというデメリットがありますが、ひとりひとりの目的に応じて納得がいくまでリハビリができるのが魅力です。

マンツーマンでリハビリが受けられるため、自分の希望やペースに合わせたリハビリができます。たとえば保険内の脳梗塞のリハビリの場合、脳梗塞の程度に関係なく上限日数は一律に設定されています。しかし、症状によっては上限日数内に十分なリハビリを終えられない可能性がありますし、本来ひとりひとりに合ったリハビリ方法があるはずです。

自費リハビリは、こうした保険適用のリハビリでのデメリットをカバーできるという魅力があります。

保険サービスと自費リハビリ

以上のように、リハビリには、自費リハビリと保険サービスを利用したリハビリがあります。それぞれの良さを生かして、上手に併用していくとよいでしょう。

保険適用リハビリと自費リハビリの違いを知りたい方は以下の記事をご覧ください。

>> 保険適用リハビリと自費リハビリの違いは?