脳梗塞の治療では、以下のような方法があります。

  • 血栓溶解薬の投与
  • 薬物治療
  • 外科治療(手術)

発症直後の急性期の治療で使用できるのが、血栓溶解薬(アルテプラーゼ:tPA)です。2005年10月に健康保険の適用が認められ、日本でも治療を行うことが承認されました。治療により血栓が溶けて早い時間に血流が再開すれば、脳梗塞の症状が改善することがあります。

発症後4.5時間以内であれば使用できます。ただし、使用には多くの適用条件を満たす必要性があり、副作用にも注意が必要です。