脳血管障害(脳血管疾患)とは?

脳動脈に異常が起きることが原因でおこる病気の総称で、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血といった脳卒中が有名な脳血管障害です。

脳血管壁のあらゆる異常、血栓や塞栓による脳血管閉塞、脳血管の破綻 (脳出血) 、血圧低下による脳循環不全、血管内径の変化、血管壁透過性の変化などがあげられます。

脳血管障害(脳血管疾患)の種類(分類)

脳血管障害は大きく分けて2つにタイプがあります。

  • 脳の血管が詰まるタイプ(脳梗塞、一過性脳虚血発作)
  • 脳の血管が破れるタイプ(脳出血、くも膜下出血)

脳梗塞とは?

脳梗塞は脳の血管が突然つまって血流が途絶え、脳の細胞が死んでしまう病気です。

脳梗塞のは血管のつまり方によって3種類あり、ラクナ梗塞、アテローム血栓性脳梗塞、心原性脳塞栓症があります。

・脳梗塞の症状

症状としては、身体の片側の麻痺、身体に力が入らない、呂律が回らない、めまい、視覚障害などが見られます。

>>脳梗塞についてさらに詳しく知りたい方はこちら

一過性脳虚血発作と症状

一過性脳虚血発作は脳梗塞の前兆としてよく見られる発作で、原因や症状は脳梗塞と似通っていますが、一過性で24時間以内(多くは1時間以内)に症状が治まります。

脳出血とは?

脳出血は、脳に張り巡らされた血管に障害が起こる病気です。

脳の血管が破れて血液があふれ出し、固まって「血腫」となって周囲を圧迫し、脳細胞を破壊してさまざまな症状を引き起こします。多くの場合、激しい頭痛を伴い、半身の麻痺などが起こります。

脳出血の症状

症状としては、突然の強烈な頭痛、身体の片側の麻痺、吐き気や嘔吐、意識障害など見られます。

>>脳出血についてさらに詳しく知りたい方はこちら

くも膜下出血とは?

くも膜下出血は、くも膜と呼ばれる脳表面の膜と脳の空間(くも膜下腔と呼ばれ、脳脊髄液が存在している)に存在する血管が切れて起こる出血です。 80~90%は脳動脈瘤と呼ばれる脳の動脈にできた「こぶ」からの出血が原因です。

くも膜下出血の症状

症状としては、強い頭痛、吐き気・嘔吐、意識障害などが見られます。

>>くも膜下出血についてさらに詳しく知りたい方はこちら